« 東電が地震本部に書き換えさせた長期評価 | トップページ | IAEAの福島事故報告書 »

2014年1月19日 (日)

長期評価部会海溝型分科会論点メモ

福島第一に15.7mの津波をもたらす津波地震を予測していた地震本部の長期評価(2002)をとりまとめた地震本部地震調査委員会長期評価部会海溝型分科会の論点メモ

東京地検は、この津波地震の予測について「専門家の間で意見が一致していたとは認められない」と不起訴理由で述べているが、地震本部の議論からはそこまで意見がわかれていたとは思えない。地検の判断の根拠は不明だ。

第7回 2001年10月29日
http://yahoo.jp/box/kgl8kh

第8回 2001年12月7日

http://yahoo.jp/box/EKedu8

第9回 2002年1月11日
http://yahoo.jp/box/yNlbll

第10回 2002年2月6日
第11回 2002年3月8日
http://yahoo.jp/box/5DlR2S

第12回 2002年5月14日

« 東電が地震本部に書き換えさせた長期評価 | トップページ | IAEAの福島事故報告書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519766/58971560

この記事へのトラックバック一覧です: 長期評価部会海溝型分科会論点メモ:

« 東電が地震本部に書き換えさせた長期評価 | トップページ | IAEAの福島事故報告書 »