« 長期評価部会海溝型分科会論点メモ | トップページ

2015年9月 4日 (金)

IAEAの福島事故報告書

失敗学会会員・吉岡律夫さんから、IAEA報告書について報告いただきました。


以下、ご紹介します。


事故に関するIAEAの報告書が公開されたので、津波の箇所だけざっと
読みました(下記の第2分冊)。
 http://www-pub.iaea.org/books/IAEABooks/10962/The-Fukushima-Daiichi-Accident

1)福島第一原発の建設時の津波予測は、過去に起きた津波をベースとする、
  という思想に基づき、1960年のチリ地震(M9.5)の約3mであった。

2)その後、見直されたが、2002年に5.7m、2009年に6.1mになっただけ。

3)その後、東電は2008-2009年に津波予測の試計算を実施し、文科省・推本の
  見解を基に、サイト南側で15.7mと予測。

4)更に、貞観津波に関する佐竹論文を基に、サイト南側で10mと予測。津波の
  遡上を入れれば、これより上がるはずであった。

5)過去に起きた地震・津波のみをベースにするのではなく、過去最大の地震が
  チリ地震(1960年、M9.5)と、アラスカ地震(1964年、M9.2)とがあった
  のだから、この程度の巨大地震を想定すべきであった。

6)過去が不確かな以上、安全側の立場に立って、上記3,4,5のいずれかが
  なされれば、2011年の津波高さは予測できたはずである。

7)規制当局も強く指導すべきであった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「M9も予測できた(すべきであった)」という見解は、中々のものですね。

これを除けば、失敗学会研究会が纏めた下記論文以上の記載はありませんが、
日本の原資料まで戻って、良く調査されています。
 http://www.shippai.org/images/html/news848/article1.pdf

「東電が15mの津波が来る可能性を認識しており、その対策をしなかった」
と、日本を含め世界40カ国の専門家が認定したことになります。

その背景としては「不確かだから対策しない」という具体的危険説と、
「不確かなら安全側に立って対策すべき」という危惧感説のいずれを取る
べきかということで、IAEAの結論は後者を採用していると言う事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本報告書に関して、津波を取り上げたのは、9/1の東京新聞だけのようです。

「報告書では、東電が原発事故の数年前、福島県沖でM8.3の地震が起きれば、
第一原発を襲う津波の高さが最大約15mに及ぶと試算していたが、対策を
怠ったと批判。原子力安全保安院も迅速な対応を求めなかったと指摘した。」

2015-9-4 失敗学会会員・吉岡律夫

« 長期評価部会海溝型分科会論点メモ | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IAEAの福島事故報告書:

« 長期評価部会海溝型分科会論点メモ | トップページ